WRITING LAB.(ライティングラボ)文庫本カバー SYOHI(書皮)

WRITING LAB.(ライティングラボ) 文庫本カバー SYOHI(書皮) WRITING LAB.(ライティングラボ) 文庫本カバー SYOHI(書皮) WRITING LAB.(ライティングラボ) 文庫本カバー SYOHI(書皮) WRITING LAB.(ライティングラボ) 文庫本カバー SYOHI(書皮)

WRITING LAB.(ライティングラボ) 文庫本カバー SYOHI(書皮) ダークブラウン

ダークブラウン

現在、品切れ中です。

WRITING LAB.(ライティングラボ) 文庫本カバー SYOHI(書皮) ダークブルー

ダークブルー

現在、品切れ中です。


販売価格4,752円(税込)

現在、品切れ中です。

栃木レザークリークを薄くして仕上げた、本屋さんで本を買ったときに付けてくれる「書皮(しょひ)」をイメージして作った文庫本カバーです。

〇以下、「店主のペン語り:書店の理想と書皮」より抜粋

個人経営の本屋さんそれぞれに理想があって、それを目に見える形で表現したのが書皮で、お客はその書皮を纏った本に誇りを持って、例えば電車の中で鞄の中から取り出す。
世の人の大半はいつしかどこで買ったという誇りのようなものを持たなくなって、店の提案ではなく、インターネットの情報や人気投票というランキングで本を選ぶようになって、少しでも安くて早い本を読むようになりました。

こだわりがあって提案のある個性的な本屋さんで本を選ぶ機会を逸したのは、私たちがそういう本屋さんを利用しなくなったのが原因で、私も大変後ろめたく思うのです。
本のカバーで最も使いやすいのは、本屋さんが掛けてくれる書皮で、何の出っ張りもなくて、手の収まりが良い。
誇りを持って使うことができる書皮が私の周りに少なくなって、それではとWRITING LAB.で革で書皮を作ろうということになりました。

栃木レザーの上質な、色合いもWRITING LAB.らしい色気のあるクリーク革を極限まで剝いて、薄くしたものを張り合わせています。
反対側は本の厚みによって折り目を入れる場所が異なりますのでフリーにしています。
折りたい所に指で少量の水をつけて折っていただくと折り目がつきやすく、ついた折り目も水をつけて押さえていただくと消えやすくなります。
上質な革をあえて薄く紙のように使うのは、とても贅沢な使い方ですが、革を使うことでしか、個性的な本屋さんのこだわりの書皮に代わるものを作ることは不可能だと思いました。

ブックカバーとは少し違う素材感をぜひ試してみて下さい。

  • カラーダークブラウン / ダークブルー
  • サイズ[縦] 155mm [横] 292mm [重さ] 8g

▲ このページのTOPへ