神戸派計画(大和出版印刷株式会社)CIRO+(シロ・プラス)ippitz 一筆箋

神戸派計画(大和出版印刷株式会社) CIRO+(シロ・プラス)ippitz 一筆箋 神戸派計画(大和出版印刷株式会社) CIRO+(シロ・プラス)ippitz 一筆箋 神戸派計画(大和出版印刷株式会社) CIRO+(シロ・プラス)ippitz 一筆箋 神戸派計画(大和出版印刷株式会社) CIRO+(シロ・プラス)ippitz 一筆箋

販売価格432円(税込)

数量

大和出版印刷株式会社のステーショナリーブランド「神戸派計画」のオリジナルです。限定生産品CIRO・スクエアに続き製作されました。
今回は定番品として、要望の多かった一筆箋になっています。

一見真っ白な無地に見えますが、白い紙に白い罫線を印刷しています。書こうと紙に万年筆を近づけると不思議なことにうっすらと罫線が見えてきます。
画像では写らなかったのですが、11mmの太罫が印刷されています。

*以下、大和出版印刷ホームページより抜粋

「書く」ことが主眼のノートとは異なり、CIROは「美しく読む」をコンセプトに開発しました。
罫線は、書くときには必要ですが、読むときには邪魔になる。この相反する要求を両立させるのが、白い罫線です。
CIROは手書きの美を際立たせ、「書く」と「読む」とのあいだに、いまだかつてない新しい調和をもたらします。

・印刷
白い紙に印刷する白い罫線は、印刷ではたいへん困難。
普通に眺めると罫線が存在せず、ペンを握って紙面を見つめると罫線が浮き上がる。そんな繊細微妙な、必要なときにだけ機能する罫線を求めました。
多種多様なインク・紙の相性・線の太さ・濃度の組み合わせを試し、印刷テストを繰り返した結果、求めた白にたどり着きました。

・製本
「天糊+地券+表紙巻き」の一筆箋製本。
商品自体が白くシンプルな形のため、仕上げが悪いと非常に目立ってしまいます。そのため丁寧な仕上げが必要になり、今回は熟練工の手仕事も多く施されています。

・中紙
大和出版印刷株式会社が、企画から一年の歳月をかけて完成させた「万年筆のために抄造した」オリジナルペーパーLiscio-1(リスシオ・ワン)を使用。

・表紙
紙本来の風合いがあり、強度や耐光性が優れている用紙を使用。
無蛍光で高い白色度を持ったニュートラルな白色をしています。
繊維が太くて長い針葉樹パルプの配合率が約60%と高く、一般高級白板紙に比べ、強度に優れます。
特殊表面加工を施しているため、折り耐性にも優れています。

・備考
デザイン:菅原 仁
印刷:大和出版印刷株式会社
製本:和佳製本工業株式会社

  • サイズ[縦] 182mm [横] 84mm 11mm罫線(長辺と平行に155mm) 30枚綴り

▲ このページのTOPへ