Cohana(コハナ)真ちゅうの小さな糸巻き

4,290円(内税)

カラー
購入数

糸巻きの中でも、機織り(はたおり)に使われる四角い木枠の糸巻きは「苧環(おだまき)」と呼ばれ、昔から身近なものとして親しまれてきました。
5亞僂凌燭舛紊Δ鯀箸濔紊欧討修了經きに仕立て、使いやすい白と黒の艶やかな絹糸を巻いています。

その糸巻きは、鋳物の町として有名な富山県高岡市にある高辻製作所さんが制作されました。
400年にわたり引き継がれる技術は伝統工芸 高岡銅器として広く知られ、その技術を活かし主に小型の仏具を製作しています。その精度の高さと丁寧な研磨技術で、凛とした佇まいの糸巻きに仕上がりました。

その糸巻きに絹糸を施したのが、小さな房や結びを得意とする福岡県筑後市の房工房MARIMOさん。
全て手作業とは思えない均一で美しい仕上がりは、まさに職人技です。
糸の端を挿し込む切り込みがあるので、お気に入りの糸に巻き替えて使うこともできます。
糸巻きの他に、洋裁の文ちん、ペンレストやペーパーウェイトとしてもお使いいただけます。

「真ちゅうの小さな糸巻き」は、「Cohana×高辻製作所×MARIMO」のコラボ商品です。

サイズ:幅・33mm 奥行・33mm 高さ・35mm 糸の長さ・約6m

*使用上の注意事項*
・真ちゅうは経年変化で色合いが濃くなり、風合いが増していきます。最初の輝きを取り戻したい場合は、金属研磨剤(メタルポリッシュなど)や磨き布などで磨いてください。
・糸の端は、支柱と上部の十字の間の切り込みに挿して固定ができます。
・水分や酸性のものをつけたままにしないでください。変色することがあります。
・洋裁用文ちんとしてご使用の場合、生地の上に直接置いたり、生地の上でスライドさせたりしないでください。生地の破れや色移りの原因になることがあります。
・絹糸は特性として、摩擦・湿気・紫外線により、色あせや変色が起こる場合があります。

カテゴリーから探す