Cohana(コハナ)漆と金蒔絵 播州の裁ちばさみ 溜塗り

24,200円(内税)

購入数

兵庫県小野市は約250年の歴史を持つ刃物の街です。タナカマイスターさんはその小野市で昭和30年に創業されました。
この裁ちばさみはタナカマイスターさんの鍛冶職人が1丁ずつ丁寧に仕上げられていますので、生地に吸い込まれるような切れ味を感じることができます。
持ち手には漆と金蒔絵を施しており、天然の漆ならではの微妙な経年変化を楽しむことができます。

漆塗りは、愛知県名古屋市にある1970年創業の江原漆工所さんで、主に仏具の漆塗りや製作をされています。溜塗りは、朱色の漆の上に透明の漆を塗ることで、透き通るような光沢と奥行を出しています。

包んでいる布は、裁ちばさみと同じ産地の上質な播州織の生地で、はさみのお手入れにも使用できます。
ケースには本革を使用し、金銀のタッセルを付けました。

「漆と金蒔絵 播州の裁ちばさみ」は、「Cohana×タナカマイスター×江原漆工所」のコラボ商品です。

サイズ:全長・220mm 刃渡り・90mm 幅・70mm 厚み・12mm

*使用上の注意事項*
・こちらの商品は、糸・布専用です。それ以外には使用しないでください。
・刃先が鋭利なので、取扱いには十分ご注意ください。
・刃先が水に濡れた場合は、錆び防止のため水分をしっかりと拭き取ってください。
・錆を出にくくするために、ご使用後は刃の部分をオイルを含んだ布で軽く拭き取り、ケースに入れて保管してください。
・無理に硬い物を切ると、刃の噛みあわせが悪くなり、刃を傷める原因になります。
・ケースは本革を使用しているので多少伸縮することがあります。水や汗に濡れると、色落ち・シミの原因になる場合があります。
・漆は変色するおそれがあるので、高温多湿・直射日光の場所での保管は避けてください。
・目の粗い布や研磨剤などで磨くと傷になる恐れがございますので、磨かないでください。

カテゴリーから探す