限定商品 工房 楔 × 池田晃将 エクステンダー 楔・螺鈿/デジタル(鉛筆セット)

57,354円(内税)

個体

工房楔・永田篤史氏と、漆芸家の池田晃将氏のコラボ作品のエクステンダーです。
軸の素材はブラックウッドで、一番目に入るエンドの部分にそれぞれ「デジタル」「蝶」「六角」の螺鈿が装飾されています。
廻り止めがついているため机の上でも転がりません。

また、こちらのエクステンダー用に、ハーフサイズの「VIKING」ミニ鉛筆をご用意しました。
鉛筆を使わない時は鉛筆をひっくり返しておくと思いますが、その場合は消しゴムとしてお使いください。
鉛筆が不要な場合は154円お引きしますので別途お申し付け下さい。

*こちらは限定商品となります。

*螺鈿細工:池田晃将(いけだてるまさ)氏について(工房楔・永田氏ブログより)
薄貝技法ではありますが、通常より薄い0.08mmまで研磨したパーツを使用しています。
貝そのものは白く見えますが、限界まで薄くすることで塗面の黒が透過して、彩色だけが際立ち繊細で落ち着いた輝きを放ちます。0.08mmという薄さは、研ぎ出す際に消失するかしないかの限界の薄さですので非常に技術を要します。
おそらく国内ではこの厚みより薄い螺鈿はほとんどないと思われます。
そして漆芸技法の「呂色仕上げ」という技法で仕上げています。
0.01mmの誤差もないように念入りに研ぎあげた漆下地に4、5回ほど漆を塗り重ね、螺鈿を丁寧に露出させ研いでいきます。だんだんと番手を上げ、#3000程に研いだのち、砥石の粉で磨きます。最後チタンの粉で手で磨き上げることで呂色仕上げとなります。


〇素材について
ブラックウッド:マメ科の木(ローズウッドの仲間)。黒くて硬く、クラリネットなど木管楽器などで使われます。
耐久性に優れた材です。
螺鈿部分:夜光貝という奄美より南でとれる大型の巻き貝を使用しています。日本の伝統工芸品に使われるアワビ貝よりも色彩が鮮やかで、特に水色から緑色が強く輝く特徴を持っています。

〇随時在庫状況は更新致しますが、店頭などで販売して在庫がない場合はご容赦下さい。

**ご使用上の注意点**
経年変化を楽しめる自然な仕上げになっていますので、エアコンや直射日光などによる温度変化や乾燥にご注意下さい。
乾燥と極度な加湿を繰り返すような環境下でも木が割れたり反ったりすることがあります。
保管場所に気を付けて長くご愛用下さい。


サイズ:[長さ]118 mm [直径] 12mm [重さ] 26.0g [付属品] VIKING鉛筆 1本(HB)

カテゴリーから探す