藍濃道具屋(Lennon Tool Bar) 2019年春季限定インク

2,750円(内税)

カラー
購入数

藍濃道具屋(Lennon Tool Bar)は2014年に台湾の淡水で設立されました。
最初は藍染製品の生産、そして藍染の存在を広める事を中心に経営していました。最近では、藍染の色彩をもっとたくさんの方に知っていただくため、藍色を基調としたシリーズのインクをプロデュースしています。

こちらは2019年春季限定のインクです。在庫が無くなり次第、終了させていただきます。

・炮花(パオ・ホワ)・・台湾の春節(旧正月)には、喜びと平和の象徴である爆竹が鳴り響きます。爆竹の破片を門の前に置くことは、家の門に新年の色を添えると同時に、一年の万事順風と幸福をもたらすと信じられています。

・春泥(チュン・ニー)・・初頭から、大勢の勢いは衰え、全ての自然も芳醇な季節が終わり土に返ります。やがて厳しい冬の間、密かに脈々たる生命の営みを蓄えていた者たちが初春の訪れを知って動き出します。

・苦棟(クーリェン)・・春節が終わると、田んぼのあぜ道には苦棟の花が目につき始めます。台湾ではこの紫の花こそ、春の訪れを告げる色です。
一部の地方では春にこの花を摘み花頭にあてて、一年の幸運を願う風習があります。
実と樹皮は漢方薬の材料となります。苦棟=日本では栴檀(センダン)

容量:30ml

カテゴリーから探す