折形ラッピング

Pen and message. 折形ラッピング写真

当店では、日本古来より伝わる「折形(おりがた)」を現代風にアレンジしてラッピングをしています。
「折形」とは、室町時代の武家社会で確立された礼法で、品物を贈る際の行動美学、相手を敬う礼のこころとして600年以上に渡って伝えられて来ました。

折形の特徴として、相手に品物を贈る場合紙に包みますが、その際品物の一部が見えるように包みます。昔は貴重品であった「塩」や季節の贈答品である「扇」を始め専用の包み方があり、中身がこぼれないよう工夫されたものや、そのものの美しさを活かした包み方など様々です。
そのため仕上がりの形は個々で変わり、その折形の「かたち」で中身が相手にすぐ分かるようになっていたのです。
庶民に普及し始めた江戸時代には様々な流派が派生し、考案された折形は数千種にまでなりましたが、現在では結納品に折形を見るくらいで目にすることは少なくなりました。
しかし、その根底にある、自分をへりくだり相手を敬うという気持ち、また中身をさりげなく相手に知らせるという奥ゆかしさ、「礼のこころ」は日本人として失いたくない気持ちだと思います。
当店の包みは、正面の部分の和紙を3重に折り重ねた「万葉包み・真(しん)」を基本にしています。この「真(しん)」とは、格式を表す「真・行・草」の最上級の敬意を表現したものです。
この言葉は中国で生まれた書体が由来しており、楷書と呼ばれる最も格式の高い「真書」、それを少し崩した「行書」、さらに流れるように書いた「草書」。これは礼法だけでなく、華道や茶道の世界でも同様の考え方です。
最上級の礼を表現したい贈り物に使われる包み方「万葉包み・真(しん)」に細いサテンリボンを水引のようにかけ、熨斗を付けて完成しています。

この折形ラッピングは心を込めてひとつひとつ仕上げていますので、数量が多い場合は少々お時間をいただきますが、仕上がりにはご好評をいただいています。
大切な方への贈り物にもお使いいただける、贈られる方の心の伝わる包み方だと考えています。

▲ このページのTOPへ